2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シアター5考察。

ポシスレより
「最後の葵と茜の制服は写真じゃなくって典子が卒業制作で描いた絵」
「三歳差の葵と茜が同じ中等部の赤いリボンなのが鍵」
「青いと赤ね」
なるほど!
葵の中学卒業。
典子の卒業制作完成。
茜の中学入学→全快。
エンディングで語られなかった、同じ時にシンクロしてる出来事があの絵なのか!
典子の卒業制作中は茜は昏睡状態だったから、二人並んでる状態は希望でしかなかっただろうけど、完成間近に茜が意識を取り戻してるんで「同じ時」の出来事として二人とも赤いリボンにしたんだと思う。
もちろんこれはいい方解釈だし、正解ではないだろうけど俺はこれで納得できた。
見た人それぞれ答えを出してほしいから曖昧なところがあるんだろう。
すごいな、アラケン!

コメント

@つよて
シアター4といい、ナイスガールとして走り出すポシキャナにふさわしい物語だと思います。
バッドエンドだったらラストの3人の決意とか笑顔はありえないわけだし!!
@いぬっち
そうそう、時間との兼ね合い。
あの話しで葵が延々悩んでるのも見てて辛いし。
はしもんがパンフで「クサい」って言ったのよくわかるww
でもこういうテイストってベタなだけにグッときます!
@まっしゅちゃん
ごとぅーおかしいよねー
いや、むしろギャグな方向で!←いいのか??
あっきゃん版陽子は合ってる合ってない以前にセリフの多さに感動したよ!!

希望の持てるEDに仕上がってるんで、この解釈は大正解でしょうね。

つか、オイラはあの物語以降の彼女達のずっと想像をしてます。
でもどう想像しても、ごとぅーの陽子がギャグにしかならないんですよね~
何ででしょ?

絵はね~

最後写真じゃなく絵だったんで典子の絵だというのは気づいた。
一本の話の流れとしては複線張り等も解るし、大元に関しては
短い時間にまとめなきゃいけない流れで良いものだったと思います。
自分的にはやはり時間の問題で葵の感情の起伏が気になるのと
舞台がもうちょっと広かったらね~というもっと引き上げられそうな部分の感覚かな。
まぁ結局一番最後のセリフの掛け合いの展開がアラケン節な部分は
ちょと面白かった。
学園モノとしてのエンディングとしてはベタだけど
ある種80年代学園モノ映画好きな自分にとってはちょっと心踊らされる
間合いなのよね。。。

実は、俺もその書き込み見てました(笑)。 

見かけた瞬間、超衝撃を受けて思わず『ナイス解釈!』とか書き込んでしまいました(苦笑)。 

あそこは、ハッピーエンドに解釈して全然オッケーですよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

ながたともひこ

Author:ながたともひこ
アイドルと模型と絵と猫と美味しいもの。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。