2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究した分向上するから。

なーさんが尊敬するイラストレーター/モデラーの横山宏センセが「スケールアヴィエーション」(飛行機模型の本)でものっそいいいことを書いていたので引用。

<絵を描く時常に心がけていなくちゃいけないのが「手で描かないで目で描く」ことなのだ。「目で描く」とは、もちろん無理に瞼で筆をはさんだりして描くわけじゃないよ。
表現しようとするモティーフをよーく観察し、それを画面に再構築すること。これがいわゆる「目で描く」ということ。これは「絵画」のすべてといってもいいくらい。
このいい「目」を持っていることこそいい絵が描ける条件です。
一方、「手で描く」とは概念で描く事ですね。
たとえば、リンゴを何度も何度も描いていると「リンゴはこんな形だなぁ」って記号化しちゃう。
いわゆる自分の中でキャラクター化して手の癖で描いてしまうわけだね。
これを繰り返していくと描こうとするものを見なくても描けるので、便利だったり、それなりに上手く描けるので、これを上達だと思って頑張ってしまう人が日本には多い。
まぁ、そのおかげで日本はアニメや漫画が独自の発達をするんだけどね。
絵を上手くなりたくて、がむしゃらに描く時は特に注意しなきゃいけないのは、いったん「手で描ける」ようになるともうそれ以上絵の質を上げるのが難しいというところだ。
これを防ぐために自分の概念と違った表現で描く。
つまりは名作の模写は、技術を学ぶ以上に自分の「手の癖」を防ぐためにも大切なことなんだよね。>

↑どう?
コレ必ず理解しておくべきだと思います。
んなー。

コメント

         スポポポポポポーン!!!
      。     。
        。  。 。 。 ゜
       。  。゜。゜。 ゜。 。
      /  /
     ( Д )

「今ごろになってすっごい量の眼からウロコ」

自分が言いたかった感想を皆さん言ってくれてましたので
ここは自分がこれ読んだときの実感を絵文字で

なるほど…

自分にとって、れーながまさにそんな感じですね。
描き慣れてるハロプロメンバーを描く時、全然写真とか見ないで
描いちゃってるっていうのはそう言うことなんだろうなぁ…。
ただ、そもそも次元が違うので写真とかを意識して描くと
どうしても等身とかがおかしくなってしまう傾向が…。
これを頭に入れて今後はなるべく意識して描こうと思います。
どうなるかわからないけど…(苦笑

模写みたいなことばかりしていて、自分の画風を見失ったトラウマがあります。
確かに技術を学ぶ上で模写が効果的であることはよく聞きますし
今、光井を描こうと思うなら目で描くことも必要だと思います。
でも、さゆを描くなら手で描いた方が“らしく”描けるとも思います。
漫画描きは手で描く=概念で描く=キャラクターで描くのも重要な要素だと考えます。
まあ、同人は変化の激しいジャンルなのでモデルを見る目は常に必要ですね。

スゴく大切な事を、スゴく分かりやすく教えてもらったカンジです。

模写が結構大事だって事は、以前ある友人にも言われました。それから、好きな作家さんの模写って結構やってます。

…まあ、まだ中々上手くはならないんですが(苦笑)、継続は力なりでトコトコやってます。

いあホントまさにそうだと思うんだけど、模写をして上手いこといかなかった時に途中で挫折する僕ガイル・・・ソニックブゥ~ム!(違w
自分が描き易いからってずっとそんな感じで描いてると駄目になるな~とは思いますね。
ツールの使い方にしてもこのツールが使い易いからそればっかり使うじゃなくて、他にも色々試してみて試行錯誤した上でこれは向いてないとか向いてるとかの判断をした方がいいんだけど、最初の方で使いにくいと感じたものに対してはどうしても冷たい反応をしてしまう・・。
最終的には忍耐力が必要だと言う事なのかな。頑張れ俺!w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

ながたともひこ

Author:ながたともひこ
アイドルと模型と絵と猫と美味しいもの。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。